ホームページ制作
iphone アプリ 開発




基礎の傾き
・基礎コンクリートのひび割れ
・壁のひび割れ
・扉がうまく閉まらない
・ドアに隙間が出来る

以上のような現象が気になっていたら・・・


不同沈下(不等沈下)の疑いがあります。

原因は、宅地造成時の埋め立てや盛り土の仕方によるものであったり、地震の揺れによる液状化などがあります。



修正・補強の方法、費用は?

沈下の状況、進行具合などによって、幾つかの工法の中から、お客様のご予算もあわせ最善の提案をさせて頂きます。
方法としては、
・基礎と土台を切り離しジャッキアップ修正を行う
・基礎下に薬液を注入し建物を持ち上げ沈下を防止する
・基礎下に長さ1mくらいの鋼管杭を、建物の重量を利用して、継ぎ足しながら支持地盤に達するまで圧入する(アンダーピーニング)下図参照



などがあり、それぞれ状況に応じて適不適があります。
もしも、現在、建物の地盤沈下等に対する悩みや不安等がおありなら、一度ご相談されてはいかがでしょうか。



山成建設ホームページにもどる